コバ(端)の仕上げのお話

bluelightcut

ひとつひとつ手作業で進めるコバ磨き

SPシリーズの中で、いくつかの商品は面取りコバ磨きという処理で仕上げています。そのコバ(端)仕上げの詳しい工程のお話になります。
写真はコバ(端)を何も仕上げていないものになります。切りっぱなしという状態になります。

bluelightcut
bluelightcut

職人技が光る面取り作業

まずは、豆カンナという小さいカンナでコバの角を落としていきます。【面取り】という作業なのですが、技術がないと削りすぎてしまったりとミスが許されない重要な工程になります。

 
bluelightcut
bluelightcut

さらに表面の凹凸をなくし丸みを持たせるためにグラインダー、紙ヤスリを使い丹念にひとつひとつ仕上げていきます。下地作りはこれで完了になります。
 

bluelightcut
bluelightcut

商品によってはコバに色を入れてから仕上げたりもします。そして水、布海苔、CMCをコバに染み込ませ表面を固めて最終の仕上げ工程に入ります。
 

bluelightcut
bluelightcut

最終仕上げは木の専用ヘラや布を使い丹念に磨き上げます。力加減、磨くタイミングなど長年の経験が必要な工程です。この磨きの工程でコバ仕上げは完了となります。
 

コバ磨きが施された商品

  • 1